So-net無料ブログ作成

【2008年11月9日 ジャイアンツ対ライオンズ 日本シリーズ2008 7回戦@東京ドーム】観戦記~表彰式 [野球大好き2008]

『ライオンズが…』の続きです…

NihonSeries_20081109_42.jpg
表彰式が始まります。

NihonSeries_20081109_43.jpg
アジアシリーズ2008の出場権を示すプレートと日本チャンピオンのペナントが授与。

NihonSeries_20081109_44.jpg
こちらは来年西武ドームのバックスクリーン上に毎試合飾られるペナント。

NihonSeries_20081109_45.jpg
渡辺監督に優勝のトロフィーが授与されます。

NihonSeries_20081109_46.jpg
表彰選手達です。
左から優秀選手の中島選手、平尾選手、最高殊勲選手の岸投手、
巨人は優秀選手の鈴木尚広選手、
この写真には写っていませんが敢闘選手はラミレス選手が選ばれました。


NipponSeries20081109_01.jpg
東京ドームからの帰りに通る池袋駅では、観戦後の帰りの時点で
日本シリーズ優勝のポスターが貼られていました。


第6戦に続き継投策がびしっ!と決まったというのが第1印象。
石井一久、涌井、星野、グラマンの4投手が7回を完璧に抑えるとは
誰が予想したでしょうか?


攻撃では7回表の片岡選手が死球、盗塁、犠打で3塁に進み、
普通は本塁に突入はあり得ない3塁手前のゴロで
本塁に生還したプレーが
地味ながらもプロのすごさを感じさせてくれました。
片岡選手の足には『優秀選手賞』をあげてもよいくらいです。


巨人は第6戦からライオンズ投手陣の好投で
自慢の強力打線が沈黙してしまったのが敗因。


18打数2安打12三振の
李承燁選手が壊滅的にひどい…

1992年ハウエルの16三振に次ぐ三振数だそうな。
もう少し調子の良い選手を使うべきだった
日本シリーズ終了後の原監督の弁。


調子の良い打者、投手を矢継ぎ早に注ぎ込むかどうかのちょっとした差が、
日本シリーズ制覇の結果をわけた気がしてなりません。

とにもかくにも最後まで楽しませてくれた両チームの選手に拍手です!
来年も楽しく野球がみれることを!


まずはWBC2連覇だ!
アジアシリーズのことをすっかり忘れている…

それでは、ご機嫌よう~

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0