So-net無料ブログ作成

【2008年11月9日 ジャイアンツ対ライオンズ 日本シリーズ2008 7回戦@東京ドーム】観戦記~シリーズ制覇の命運を決めた7回表の片岡選手の盗塁! [野球大好き2008]

『雌雄を決する…』の続きです…

7回表の先頭打者は片岡選手。
内角高めの直球が右肩を直撃!
死球の片岡選手はガッツポーズをしながら一塁へ…


盗塁への期待が高まります…

NihonSeries_20081109_27.jpg
そして、次打者の栗山選手の初球から走ります!

NihonSeries_20081109_28.jpg
ショートの坂本選手がタッチするも、

NihonSeries_20081109_29.jpg
セーフ!!!

NihonSeries_20081109_30.jpg
続く栗山選手の送りバントで1死3塁のチャンス!

NihonSeries_20081109_31.jpg
中島選手は三塁手小笠原選手前のぼてぼての当たりでしたが、
三塁走者の片岡選手がスタートよく俊足を飛ばします。
小笠原選手は本塁に投げることが出来ずホームイン!
2-2の同点とします。


NihonSeries_20081109_32.jpg
大いに盛り上がるライオンズファンで埋まるレフトスタンド

NihonSeries_20081109_33.jpg
ライオンズは同店とした2死後、おかわり君、のだ選手の連続四球で2死1,2塁。
打者はこれまであたりに当たっているチャラ尾こと平尾選手。
フルカウントから外角のスライダーをセンターにはじき返し、
おかわり君がホームイン!

ライオンズは1安打で2点をもぎ取り3-2と逆転!
平尾選手はシリーズ6打点目!
2回裏先頭打者の坂本選手の本塁打以降は一人も走者を出していない巨人は
劣勢に立たされます…


NihonSeries_20081109_34.jpg
逆転されたところで4番手の豊田投手を送り出す巨人。
佐藤友亮選手を3塁ゴロに打ち取り何とか2失点で切り抜けます…


NihonSeries_20081109_35.jpg
8回裏からは守護神グラマン投手が登板!
3者凡退に切って取り、
巨人は21打席連続して走者を出すことが出来ません…


それでは、ご機嫌よう~

『ライオンズが…』に続きますです…

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0