So-net無料ブログ作成

【2008年11月8日 ジャイアンツ対ライオンズ 日本シリーズ2008 6回戦@東京ドーム】観戦記~平尾選手、岸投手の活躍で3勝3敗に! [野球大好き2008]

第5戦に続いて観戦記を記します。

NihonSeries_20081108_01_blg.jpg
巨人の2,6番が寺内、亀井選手に替わった以外は第2戦と同じ先発の両軍。

NihonSeries_20081108_02_blg.jpg
巨人の先発は第2戦で5回1/3を中島の2点本塁打による2失点で抑えた高橋尚成投手。
1死後、安打、四球連発で1死満塁のピンチ!


NihonSeries_20081108_03_blg.jpg
2死満塁とした後、今シリーズ打率5割以上と当たっている平尾選手と対峙します。

NihonSeries_20081108_04_blg.jpg
カウント1-0からのストレートを打ち、ラミレスの頭上を越える打球!

NihonSeries_20081108_05_blg.jpg
1塁走者のおかわり君も生還の走者一掃の2塁打!

NihonSeries_20081108_06_blg.jpg
ライオンズが初回に3点先制です!

NihonSeries_20081108_07_blg.jpg
一気に盛り上がるレフトスタンドのライオンズファン!

NihonSeries_20081108_09_blg.jpg
ライオンズの先発は第2戦を5回を1失点に抑えた帆足投手。
しかし内容が悪く5安打5四死球と毎回ピンチで内容はダメダメ…


NihonSeries_20081108_08_blg.jpg
1回裏、先頭の鈴木尚広選手は三遊間を抜ける安打を放ち無死1塁としますが、
次打者の寺内の5球目に盗塁死をしてしまい結局三者凡退…


NihonSeries_20081108_10_blg.jpg
巨人は3回裏に亀井選手のタイムリー2塁打で1点を返し、
2死2.3塁のチャンスを広げた場面です。
初回に続き2回表も2安打を打たれた高橋尚成投手に代打大道選手!
東京ドームにどよめきと大歓声が湧きましたが、結果は遊ゴロで2者残塁…


NihonSeries_20081108_12_blg.jpg
巨人は1-3と2点差まで詰め寄ります…

NihonSeries_20081108_11_blg.jpg
3回表からは2番手東野選手が登板です。

NihonSeries_20081108_13_blg.jpg
1,2回の攻撃に続き3回も2安打で攻勢を掛ける1死1,2塁とするライオンズですが、
銀仁朗選手が3ゴロ併殺で無得点…


NihonSeries_20081108_15_blg.jpg
4回表の東野投手は帆足選手、片岡選手を抑え2死ランナーなしとしますが、
3者連続四球を出してしまいます。


NihonSeries_20081108_14_blg.jpg
巨人はたまらず尾花コーチが登場!
3番手フランケン西村投手にバトンを渡します。
後藤選手を遊ゴロに抑えて何とか無失点…
子の試合2度目の満塁のチャンスを逸してしまいました…


NihonSeries_20081108_16_blg.jpg
4回裏の先頭打者ラミレス選手はレフト線ぎりぎりに運ぶ2塁打を放ちます。

NihonSeries_20081108_17_blg.jpg
第5戦まで12打数1安打8三振と置物状態の李承燁選手に四球を与え無死1,2塁とし、
亀井選手は併殺崩れで1死1,3塁となったところで投手交代。
3日前に西武ドームで完封劇を演じた岸選手の名前がコールされると
ドーム内からは割れんばかりの大歓声が!
これぞ短期決戦!采配に痺れます!


NihonSeries_20081108_18_blg.jpg
このピンチを凌げるのか岸投手?
坂本選手をセンターフライ、鶴岡選手を得意のカーブで空振り三振と
難なくピンチを切り抜けました。
素晴らしい!


NihonSeries_20081108_19_blg.jpg
5回に平尾選手の本塁打で1-4とした巨人は
6回表に4番手の久保投手をつぎ込みます。
先頭打者の栗山選手をいきなり四球で出塁させますが、
中島選手の併殺打もあり3人で攻撃を終わらせます。


NihonSeries_20081108_20_blg.jpg
6回表を終わって4-1。
ラミレス選手からの好打順でしたがライトフライ、
李承燁選手はやっぱりの今シリーズ9個目の三振、
亀井選手をセンターフライと簡単に退けます。
この試合、両軍初めての三者凡退です。


NihonSeries_20081108_21_blg.jpg
8回表からは今年大成長のセットアッパー山口投手が登板。
2回を無安打1四球3奪三振に抑え、見方の援護を待ちます…


NihonSeries_20081108_22_blg.jpg
これまで14打数2安打9三振の李承燁選手の8回裏2死からの打席です。
初球はファール


NihonSeries_20081108_23_blg.jpg
2球目は内角を空振り!

NihonSeries_20081108_24_blg.jpg
3球目は外角のストレートを見逃しで3球三振!
これで李承燁選手は15打数2安打10三振!
完全に置物状態な李承燁選手に対し、
温厚な巨人ファンからも多くの罵声が浴びせかけられます…
原監督は我慢して使っているようですが、不発のままシリーズを終えそう…


NihonSeries_20081108_25_blg.jpg
1-4で迎えた9回裏1死から代打は慎之介!
ライトフェンス直撃の2塁打を放ちます!


NihonSeries_20081108_26_blg.jpg
次打者の加藤選手は三遊間をゴロで抜き1死1,3塁とし巨人の大チャンス!

NihonSeries_20081108_27_blg.jpg
後続の木村拓也選手、鈴木尚広選手をカーブで空振りの三振に切って取りゲームセット!

ライオンズは全打点を叩き出した平尾選手と
4回途中からリリーフをし無失点の岸投手の活躍で勝利!


7回表に岸投手に打席が回ってきたのですが、
そのまま打たせて続投をさせて
最後まで投げさせた渡辺監督の采配はすごい。


これで3勝3敗の5分。
両軍総力戦となるであろう
第7戦も大いに熱戦の期待が持てます。


それでは、ご機嫌よう~

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0